ウッドデッキをDIY(前編)!腐らない材料や塗装のおすすめは?費用はいくら?

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

IMG_1235今回はウッドデッキの作り方を紹介します。

 

ウッドデッキってDIYで作りたい人が多いんですよ。

作りたいんだけど初心者でもできるか心配ではありませんか?

実はわりと簡単に作れてしまうものなんですよ。

 

でもウッドデッキぐらい大きくなると安い買い物ではありませんので費用も心配ですね。

他にも

 

 

どんな材料が腐らず長持ちするのか?

塗装は何が良いのか?

DIY初心者にもおすすめの作り方は?

 

などについて書いていきます。

 

動画はコチラ↓

腐らないウッド デッキをDIY! なるべく簡単な方法で 作ってみた! 

 

●ウッドデッキって初心者でもDIYできるの?

 

ウッドデッキの作成を希望される方は多いので、カミヤ木工でも数件施工したことがあります。

「カミヤさんは木工と名乗っているのにウッドデッキも作るんですね?」

とよく言われますが、カミヤ木工ではウッドデッキリフォームも大きな工事でも何でもできるんですよ。

と言うか大きい物のほうが簡単なんです。

 

だって家具だと0.1㎜のズレも許されませんが、ウッドデッキではそこまでの精度は求められません。

だからこそ初心者の方でもウッドデッキはDIYに向いているんですね。

ただ今回のウッドデッキは僕の自宅のウッドデッキです。

 

「早くやらないと」

 

と思いながら中々手をつけられずにいました。

お客さんの商品は最優先に作りますが、自分の物だとイマイチ気合も入りません。

2日間しか時間もなかったので、自宅を建ててくれた「水野工務店」さんに手伝ってもらいました。

 

水野工務店の動画はコチラ

なるべく簡単な方法で施工したので参考にしてくださいね。

 

●どんな材料が長持ちするの?

 

ウッドデッキの材料は何が良いか分かりますか?

カミヤ木工では「無垢の木」以外は使わないので、圧縮した木や、人に害のある防虫加工した木などは絶対に使いません。

と言うかそういった材料は長持ちしませんので。

 

そこで使うのは杉の「赤身」材です。

 

スクリーンショット_052716_120814_AM

赤身材とは木の芯の材料で水にも強く栄養分が無いので虫が食べることはありません

更にの「赤身」の欠点材があったのでそちらは束や大引きに使いました。

 

IMG_1161

もちろん桧のほうが良いですが、杉でも赤身なら10年以上は腐らず長持ちしますよ。

注意するのはできるだけ目の詰んだ材料が好ましいです。

 

Sponsord Link

 

●塗装は何が良いの?

 

杉の赤味を使う時点で腐らないための塗装は必要ないのですが、杉と桧と混合してしまうのと、後で変色することを嫁さんが嫌うので色を塗ることにしました。

ウッドデッキに使う塗装は浸透性のある塗料がおすすめです。

 

ペンキのように皮膜があると、塗装の下で雨など水分が滞在し、モセて腐りやすくなるからです。

それに木が収縮すると剥がれる原因になります。

また皮膜ができると木が呼吸をすることができないので、浸透性の塗料が良いですよ。

 

今回使用したのは「ウッドガード外部用」(ブラック)という塗料を使いました。

ブラックと言っても下地の色に影響されるので杉の赤身材を使うとダークブラウンぐらいになります。

アサヒペン 油性 ウッドガード外部用 ブラック04 1.6L 木部専用 塗料 木部 木材

価格:2,870円

(2016/5/26 23:52時点)

感想(1件)


ハケで塗ったらすぐに雑巾で拭き取るだけでむらなく塗れ乾燥も早いのも良い点です。

キシラデコールもいいですが、ウッドガードのほうが少し安価です。

日本エンバイロケミカルズ キシラデコール #104エボニ 1.6L

価格:5,076円

(2016/5/26 23:55時点)

感想(0件)

 

 

●費用はどれくらい?

 

使用した木材は

 

4m 90×90 4本

3m 90×90 3本

2m 30×150 38枚

4m 30×150 1枚

 

全て杉の赤身でも50,000程度で購入できます。

 

 

塗料はウッドガードの0.7Lが1缶(1,700円程度)で足りたのですが、量もギリギリだったので1.6L(3,000円くらい)のほうが無難かもしれません。

基礎はホームセンターで買ってきた束石が17個で14,000円ぐらいでした。

あとは生コンビスなど細かいものもありますが、合計で7~8万円くらいで作れてしまいますね。

 

カミヤ木工に依頼に来る方は、「住宅メーカーに頼んだら40万円という見積もりだった」と言ってきます。

他にも聞きましたけど、大手企業だとだいたい40万円というのが相場のようです。

手すりなどがつけばもう少し増えますが、どう考えてもこの大きさなら20万円で収まると思うんですが・・・。

 

 

手すりのあるウッドデッキは作品例の中にあります。

【DIY家具】過去の作品例と通販の参考値段

 

●作り方のおすすめは?

ウッドデッキを作るのになるべく簡単でおすすめの方法で作りました。

材料も極力少なくし、シンプルな作りなのでDIY初心者の方でも参考になると思いますが、長くなってきたので次の記事に作り方を記載します。

 

次の記事↓

ウッドデッキをDIY(後編)!杉で作るおすすめの作り方と手順は?

 

動画はコチラ↓

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

はじめまして管理人のカミヤです。

初心者でもコツさえつかめばできる

DIYの方法を教えます!

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天