電動工具ジグソーの使い方!直線を切るのは不得意?おすすめの選び方とは?

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g12344

どうもカミヤ木工のカミヤです。

今回はメール会員さんからジグソーの使い方や注意点、おすすめの機種の選び方などを紹介して欲しいというご要望がありましたので紹介したいと思います。

ジグソーにはオービタル機能というのもがあり、どんなメリット・デメリットがあるのかも解説したいと思います。

また、直角や直線を切る事ができるのか?どんな場面にジグソーが向いているのかということにも触れていきます。

動画とブログでご覧ください。

●ジグソーの注意点と使い方 オービタル機能って?

まずは動画をご覧ください

■ジグソーの注意点

まずジグソーってどんな工具なのか?

基本的にはコーナーを丸く切ったり、材の内側を丸や四角などの穴を開けるのに適しています。

それと木が厚かったり、硬かったりするとどうしてもブレード(刃)が材に負けて押され斜めに切れたり、直角が出なかったりします。

そもそもジグソーは切った後の木肌が汚いので、切ったあとサンダーなどで仕上げる行為が必要なんですね。

 

 

■オービタル機能ってなに?

ジグソーには「オービタル機能」というものが搭載されているモデルもあります。

オービタル機能とはブレードが上下する以外にも前後に動く運動が加わります。

するとどうなるのか?

 

 

◇メリット

オービタルをONにすることにより、格段に早く材を切ることができるようになります。

 

 

◇デメリット

オービタルをONにすると早く切れるのですが、逆に木肌は汚くなりバリも出ます。

そして真っ直ぐや直角の精度も悪くなります。

 

 

なのでONにするときは、切り捨てたり、解体作業には良いですが、木工としてはOFFにしなければなりません。

多少切れるのが遅くても精度やキレイさを求めた方がいいですよね。

 

Sponsord Link

 

■直線を切るには?

ではジグソーで直線に切るのはどうでしょうか?

実際に動画でもシンワのエルアングルを使い、直線を切ってみました。

もちろん精度が欲しいのでオービタル機能はOFFにしてスピードはそこそこ早くして切ってみました。

ですが、木肌は汚いし、節で大幅にスピードが下がり、少しズラしてもう一度切りなおすとそこでも切り口がガタツキました。

どう頑張っても「真っ直ぐ切れている」という感覚はないので、直線は向いていないようですね。

 

 

●おすすめのジグソーは?

今回使ったジグソーはマキタの「6404T」というモデルなんですが、少し型が古いです。

ですが、当時のフラッグシップ機でしたので、3~4万円しました。

値段が高いとどうなるのかというと、様々な機能が付いてきます。

 

◇オービタル機能

◇ワンタッチでブレード交換ができる

◇角度調整が楽

◇スピード調整ができる

 

などいろんな機能が付いていますが、自分でこの機能は絶対に欲しいということがなければ無理に高い機種を買う必要はないと思います。

木工で使う分ならエントリー機で十分なのではないでしょうか?

 

 

■リョービ MJ-50A

リョービの「MJ-50A」は特に機能は付いていませんので値段もお手頃になっています。

 

Amazon↓

リョービ(RYOBI) ジグソー MJ-50A 615918A

新品価格
¥4,980から
(2017/1/4 00:53時点)

 

楽天↓

■リョービ ジグソー MJ-50A

価格:4,892円
(2017/1/4 00:53時点)
感想(0件)

 

■マキタ ジグソー M421

マキタのエントリー機である「M421」はスピード調整やオービタル機能も付いています。

 

Amazon↓

マキタ ジグソー M421

新品価格
¥8,112から
(2017/1/4 00:54時点)

 

日立↓

ジグソー 【マキタ M421】単相100V 切断能力木工65mm 軟鋼板6mm

価格:9,072円
(2017/1/4 00:55時点)
感想(0件)

 

 

■日立 FCJ65V3

日立のエントリー機「FCJ65V3」は無段変速付きですが、オービタル機能は付いていませんね。

 

Amazon↓

日立工機 ジグソー 木材65mm 軟鋼板6mm AC100V 無段変速タイプ 集じん機接続可 FCJ65V3

新品価格
¥7,179から
(2017/1/4 00:57時点)

 

日立↓

ジグソー【日立工機】 無段変速ジグソー【FCJ65V3】

価格:7,179円
(2017/1/4 00:57時点)
感想(1件)

 

●まとめ

ジグソーは基本的に丸いものや、材の内側を切るものです。

直線をカットしたり精度を求めるものではないですね。

最終的にサンダー等での仕上げが必要となります。

高価なジグソーは色んな機能が付いていますが、木工ではそれほどの機能は必要ありません。

なのでエントリー機で十分かと思います。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

はじめまして管理人のカミヤです。

初心者でもコツさえつかめばできる

DIYの方法を教えます!

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿