BOSCHのジグソーPST800PELはDIY初心者にもおすすめ【DIY入門】

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

ボッシュジグソーPST800PEL (1)

会員さんからBOSCH(ボッシュ)のジグソーPST800PELを買い取りました。

 

私はBOSCHを使ったことがなかったのですが実際使ってみると

BOSCHのPST800PELは作りも良く悪いところは見つかりません。

 

 

ジグソーはあまり安いと精度も悪くなってきますので1万円程度出すと良いジグソーが選べます。

 

もしジグソーを買おうと迷っていたら参考になるかもしれません。

このBOSCHのジグソーPST800PELはヤフオクで販売いたしますので興味のある人は見ておいてくださいね。

 

 

前回のジグソーの記事と合わせてお読みください。

 

●BOSCHのジグソーPST800PELを使ってみた

ボッシュジグソーPST800PEL (2)

 

 

このジグソーはDIYを辞めた会員さんから購入しました。

ボッシュジグソーPST800PEL (3)

 

 

以前もHiKOKIの電動ドリルやマキタのDIYモデルのインパクトを紹介し販売いたしましたがその残りです。

ボッシュジグソーPST800PEL (4)

 

 

まだまだたくさん工具があるのでいずれ紹介いたしますね。

 

■値段

Amazonを見てみると価格は9,500円程度になっています。

ボッシュジグソーPST800PEL (6)

 

 

ジグソーは安いものは5,000円程度からありますが正直鉄のベースにおんON・OFF機能ぐらいしかありません。

 

ですが10,000円クラスになるとオービタル機能やそれなりの装備が揃っています。

やはり入門用とはいえ中級まで使えるこれぐらいのものは揃えたいですね。

 

◆BOSCH「PST800PEL」

Amazon

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL

新品価格

¥9,529から

(2019/9/14 10:37時点)

楽天

ボッシュ ジグソー PST800PEL 1

価格:9,749円

(2019/9/14 10:37時点)

感想(7件)

 

■重量

重量は約1.9kgでマキタの100V「4304T」よりも700gも軽く作られています。

ボッシュジグソーPST800PEL (15)

 

これなら取り回しも楽ですね。

■付属品

それでは中身を見ていきます。

ケースはしっかりした作りで様々なものが収められそうです。

ボッシュジグソーPST800PEL (7)

 

 

付属のブレードはT-144という刃が1本です。

 

 

 

ブレードは無くしにくいですが専用のケースがありこれに2本入れることが出来てベースの部分に収納できるようになっています。

ボッシュジグソーPST800PEL (10)

 

ボッシュジグソーPST800PEL (11)

 

これは良く考えられてますね。

 

他にも直進の目安になる目盛りやオガ粉をガードするプラも入っています。

ボッシュジグソーPST800PEL (8)

 

 

角度調整は工具が付属されてなくマイナスドライバーで調整する対応ですね。

ボッシュジグソーPST800PEL (21)

 

 

これだけは六角レンチや最低でも+ドライバーにしてほしかったな~。

 

コードは2.5mほどあり長くも短くもなく使いやすいと思います。

ボッシュジグソーPST800PEL (16)

 

 

注目するのは配線の質です。

太くて柔軟で、良くある劣化してカチカチになるような粗悪なものではありまえん。

ボッシュジグソーPST800PEL (17)

 

 

このあたりはさすがですね。

 

 

Sponsord Link

 

■機能

オガ粉を払うブロアー機能もついています。

ボッシュジグソーPST800PEL (22)

 

 

ジグソーはわりと切っている場所が分かりづらいですからこれは嬉しい装備です。

 

このクラスになるとやはりオービタル機能はついています。

ですがオービタル機能は早く切りたい粗切りのときだけにしましょう。

ボッシュジグソーPST800PEL (19)

 

 

仕上げをキレイにするときはオービタル機能をOFFにすると良いですね。

ボッシュジグソーPST800PEL (20)

 

■ブレードの交換

ブレードの交換はとても簡単でわかりやすく上に引っ張って刃を抜き差しするだけ。

ボッシュジグソーPST800PEL (23)

 

 

簡単さで言えばマキタより簡単かな。

ボッシュジグソーPST800PEL (24)

 

 

■回してみる

コンセントを刺し実際に回してみます。

動きは軽快ですね。

ボッシュジグソーPST800PEL (18)

 

 

何ら問題はありません。

マキタの18Vのジグソーはトリガーを離すとピタッと止まりますが、100Vのものはたいてい惰性で回りますので注意してください。

ボッシュジグソーPST800PEL (25)

 

ボッシュジグソーPST800PEL (26)

 

 

 

■実際に切ってみる

では付属されていたブレードT-144で切ってみます。

 

 

 

マキタのときと同じ25ミリのヒノキの板の角を丸く切ってみます。

キレはなかなか良い切れ味ですね。

ボッシュジグソーPST800PEL (28)

 

 

ですが若干のガサつきは見えるのでサンダー等で仕上げは必要かなと。

 

 

撮影時に忘れていたのですがBOSCHのブレードセットもあったので、その中の仕上げブレードを使ってみました。

Amazon

BOSCH(ボッシュ) ジグソーブレードセット PR-JBL10

新品価格

¥1,350から

(2019/9/16 09:43時点)

 

なかなかキレは良かったです。

切れが良いと垂直の精度も上がりますがジグソーは基本的にコーナーのRを切ったりする工具なので直角の精度は低いです。

 

まっすぐ切りたい場合はフリーで切ったほうが良いですね。

 

 

 

●ヤフオクで販売します

ボッシュジグソーPST800PEL (36)

 

今回使ったBOSCHの「PST800PEL」はヤフオクで販売いたします。

程度は結構キレイで使用頻度も少ないと思います。

 

上記で紹介したBOSCHのブレードセットをお付けします。

 

 

新品で購入すれば9,500円なので送料が1,500円としても6,000円ぐらいで落札できれば安い方かもしれません。

 

ヤフオクは工具を売るにはもってこいです。

DIYとヤフオクの相性は良いためおすすめします。

ボッシュジグソーPST800PEL (37)

 

 

不要なものがあれば何でも売れるのでぜひやっておいてくださいね。

 

ジグソーの販売はこちら(9月28日スタート予定)

ヤフオクはここをクリック

 

 

●動画をご覧ください。

それでは実際に使っている様子は動画をご覧ください。

 

●最後に

会員さんからBOSCH(ボッシュ)のジグソーPST800PELを買い取りました。

BOSCHは初めて使いましたがなかなか作りも良く入門用から中級者までおすすめすることができます。

 

突出した機能はありませんが軽くて使いやすく丁寧に作られています。

 

 

やはりジグソーは1万円程度出したほうが良いですね。

 

とはいえコーナーをカットしたりが主な用途で直角の精度は少し劣るので注意してくださいね。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天