安価なオービタルサンダーを比較!おすすめはどれ?①新興製作所SDS-200D

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

どうもカミヤ木工のカミヤです。安価なサンダー①新興製作所SDS-200D.mp4_000003436

 

今回はDIY初心者用の安価なオービタルサンダーの1回目ということで「新興製作所のSDS-200D」をレビューしてみます。

 

というのも、私はメール講座を開いていて3000人以上の会員さんがいるのですが、

「サンダーを購入したいのですがマキタや日立のものは高すぎます」

という声をよく頂くんです。

 

ということで、私の使っているマキタの「M926」(1万円程度)のものと比較し、お値段以上の働きをするオービタルサンダーを探してみたいと思います。

 

今回は1回目として「新興製作所のSDS-200D」をレビューしますが、数回に分けて色んな安価なオービタルサンダーを紹介しますね。

●安価なオービタルサンダーを比較!①新興製作所SDS-200D

まずは動画をご覧ください。

 

●①新興製作所SDS-200Dの感想

■新興製作所って?

新興製作所は安価なDIYを作っている会社で、私も初心者用の電動工具を探しているとよく目についていました。

以前も丸ノコやスライド丸ノコを購入しレビューしたことがあります。

 

新興製作所の電動工具の印象は「安いが少し作りが甘い、でもそこそこ使える」と言った印象です。

 

参考記事はこちら

DIY初心者さんにおすすめできる安価な丸ノコは?新興のSCS-165D紹介

 

マキタや日立の卓上スライド丸のこは高価!2万円台新興の卓上スライド丸ノコ「SSC-190A」ってどうよ?

 

SDS-200Dの使用感は?

安価なサンダー①新興製作所SDS-200D.mp4_000077611

今回使用したオービタルサンダーSDS-200Dも同様の印象でした。

スペックは150W、毎分12,000回転とマキタの180W、毎分10,000回転と比べても遜色ないスペックです。

 

 

安価なサンダー①新興製作所SDS-200D.mp4_000130664

重量も1.2kgとマキタより軽いですが、重すぎず疲れないので女性にも使えそうです。

コーナーを削るときなどは結構疲れたりするんですよね。

なのでこれぐらいの重量でも問題ありません。

 

滑り止めのグリップもついているので持ちやすさもマキタより良かったです。

 

安価なサンダー①新興製作所SDS-200D.mp4_000237037

音量はというとマキタの83dbに比べ74dbと若干静かでした。

 

 

安価なサンダー①新興製作所SDS-200D.mp4_000269436

回転数から見るとマキタより高回転なのですが、実際使ってみるとマキタのほうが音が甲高く、高回転な気がします。

これは空で回したときに思ったのですが、新興製作所SDS-200Dは回転がだんだん上がる感じで、マキタは一瞬でモーターが最高回転に到達するのがわかりました。

これは「さすが値段が違うだけあるな」と感じた点です。

 

安価なサンダー①新興製作所SDS-200D.mp4_000195495

ペーパーを止めるクリップはやや貧弱感がありますが、十分使用できる範囲です。

でもAmazonかなにかの口コミで「すぐに折れた」という事例もあるので当たり外れがあるかもしれません。

 

 

集塵ボックスや袋などはついてなく、ホースの取付も形状から難しそうなのでマイナスポイントかなと思います。

 

ただ値段は2,800円程度と安いのでそれほど文句も言えないのが実情です。

というかこの値段でよく作ってくれたと褒めるべきでしょうか!

 

■新興製作所SDS-200D

Amazon

新興製作所 サンダ SDS200D

新品価格
¥2,400から
(2018/8/5 17:01時点)

楽天

新興製作所 SDS200D [サンダー]

価格:2,400円
(2018/8/5 17:02時点)
感想(0件)

 

Sponsord Link

 

●カミヤの使うマキタ「M926」って

スクリーンショット_080518_050516_PM

私が使っているマキタ「M926」は10年以上前に1万円程度で購入したものです。

と入ってもいわゆるプロ用というわけではなく、DIYモデルとして販売されていたものですが、オービタルサンダーで1万円って結構高価な方なんです。

 

でもその当時、私もオービタルサンダーは安いもので上等と考えていて、というかお金が無かっただけですが、安価なものを使っていました。

しかし、3~4000円程度のものはすぐ壊れたので、ホームセンターで1番高価だったマキタ「M926」を購入したわけです。

 

当時は安価な電動工具は本当に粗悪でプラ部分がよく壊れていました。

もうこの型は売っていないですが、現行の同レベルのものはこちらになります。

 

■マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710

Amazon

マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710

新品価格
¥8,856から
(2018/8/5 17:07時点)

楽天

マキタ 仕上げサンダ BO3710

価格:8,710円
(2018/8/5 17:08時点)
感想(0件)

 

●使用にはポリネットシートがおすすめ

オービタルサンダーには付属のペーパーがありますが、こういったペーパーは大抵傷ができてその傷を取ることができなくなります。

なので布製のペーパーは使わずポリネットシートをおすすめします。

ちょっと高価ですが、両面使えて破れにくく、劣化も少ないですよ。

プレーナーのかかった材なら240番で1発仕上げでOKです。

 

こちらのAmazonの販売サイトは3,000円以上買うと送料無料になるのでまとめ買いしておくと良いですよ。

Amazon

ポリネットシート #240 粒度:#240

新品価格
¥248から
(2018/8/5 17:11時点)

楽天

KOYO KOYO ポリネットシート 240 4962356560316

価格:242円
(2018/8/5 17:16時点)
感想(0件)

●最後に

今回は初心者向け安価なオービタルサンダーの1回目として新興製作所のSDS-200Dをレビューしてみました。

中でも最も安く使用した感じは「突っ込むところはあるがそこそこ使える。集塵面は弱い。でも安いからいいか!」といった感想です。

2台目やちょっとした作業に使用しても良さそうですね。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天