FLEXISPOTの天板を好きなサイズに自作します 勉強机にも良いけど作業台にも最適

目安時間:約 12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

サムネ用2

最近息子の勉強机にFLEXISPOTの電動昇降デスクを購入したのですが天板が超重たい!

天板が重いのは安定感があって良いですが、2階の部屋に運ぶのも大変です。

 

質感も悪くはなくとても良いのですが、さすがにこれだけ重いと取り回しもきつそうです。

 

なので今回は天板を自作してみますが自作なのでサイズは好きなサイズにすることができますし、樹種によって雰囲気も変えることができますよ。

●FLEXISPOTの自動昇降デスクを選んだ理由

まずはなんでFLEXISPOTなの?ということですが自動昇降デスクといえばFLEXISPOTが有名です。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (1)

 

 

今回は息子の勉強机に買ってやりましたが子供が使う時間なんて高校生までなのでしれています。

そうしたら私が使えば良いのでやはり一生モノで使えるものをチョイスしたいですよね。

 

しかも天板を作り直せばいつでも新品に生まれ変わります。

なので1流のFLEXISPOTをえらんだというわけですね。

 

 

 

それに子供はすぐに大きくなるし、弟もいるのでちょいちょい高さを変えられることはメリットも大きいと思います。

立って作業するのもいいし、お母さんがアイロンをかけるのにもちょうど良いですね。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (3)

 

 

しかも勉強机だけでなく作業台にも適しています。

DIYって小さなものを作るときは高い位置が良いですが大きなものを作るときは低い位置が良いですからね。

 

 

ということでまずは動画をご覧ください

 

■FLEXISPOTといっても色々あるよ

今回私が選んだのはこちらです。

 

Amazon

FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 組立簡単(ネジ六本だけ)障害物検知機能付き 高さ調節パソコンデスク140*70cmテーブル (脚ブラック天板ブラック)

新品価格

¥69,600から

(2019/12/5 05:48時点)

楽天

FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 組立簡単(ネジ六本だけ) 高さ調節パソコンデスク 送料無料(北海道・沖縄・離島除き)140*70cmテーブル

価格:69,080円

(2019/12/5 05:50時点)

感想(0件)

 

ボタン一つで上下するのは当然ですがメモリ機能も3つあるのでとても便利です。

昇降させた感じはとてもスムーズでスピードも早く全くストレスありません。

 

 

足の色は白・黒があり天板も白・黒・ブラウンと3色あるので雰囲気によって変更が可能です。

しかし問題は天板の重さ!

 

いや、重いことは悪くないのですがびっくりするほどの重さなので今回は急遽桧のテーブルを作ることにしました。

 

今回は作る予定ではないので天板付きを買いましたが天板がないバージョンもあるので安価におさめたいとか、「やっぱ無垢板がいいよね」って人にはこちらが良いと思います。

 

◆脚のみ

Amazon

FlexiSpot 電動式スタンディングデスク 高さ調節スタンドアップワークテーブル学習机勉強机 ブラックE3B(天板別売り)

新品価格

¥48,100から

(2019/12/5 05:55時点)

楽天

FlexiSpot 電動式スタンディングデスク 子供勉強机 メモリ機能付き 昇降デスク脚部 ブラック E3B(天板別売り)

価格:47,410円

(2019/12/5 05:56時点)

感想(1件)

他にも幅120のタイプでは幅の調整ができたりするものが廉価版であったりするのでご自分のスタイルに合わせることができますのでこちらから探してみてくださいね。

 

▼▼▼

その他のFLEXISPOTの製品はこちら

 

 

 

Sponsord Link

 

 

●天板を自分の好きなサイズに自作する

さて今回の自作する天板につかう材料はもちろんヒノキです。

香りが良いし、加工も楽でそこそこ硬いので肌触りが最高です。

やっぱ樹脂や張り物では味気ないですよね。

■手順1 天板からベースを取り外す

手順としてはまずは天板に付いているベースの金具を外します。

20mm程度のビス12本で固定されているのでインパクトで外します。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (6)

 

ベースを外しますが結構重たい!すべての作りが重厚です。

同様にコントロールボックスも外します。

 

■手順2 天板の材料を揃え接ぎ合わせる

もともとの天板のサイズは1400×25×700ですが自作となると好きなサイズに変更可能です。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (8)

 

 

ベースが天板より縦横120mm小さいサイズなので58×1280mmより小さくならなければ大丈夫です。

今回自作するヒノキですがサイズは既存のサイズと同じにします。

 

なので長さは1400mmにするので現板の長さは1500mmぐらいの長さのものを用意します。

厚み22mm。

幅140mmを5枚で幅700mmにします。

 

無垢板なので節の多そうな部分は外側に持ってきたり一番手前の化粧面にも死に節など内容にしておきます。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (9)

 

 

はぎ合わせはいつものようにビスケット加工で行いますが何回もやってますのでこちらを参考にしてみて下さい。

 

まずはカットする長さを決めサシガネで墨付けをします。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (10)

 

 

今回の材はあまり良くなかったので反りが結構出てますがビスケットで修正しながら接ぎ合わせます。

ビスケットの位置はこのサイズで5箇所に入れていきますのでその場所も墨付けをします。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (11)

 

 

・ビスケット加工

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (12)

 

・ボンドを塗る

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (13)

 

・クランプではぎ合わせ

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (14)

 

・乾燥後長さをカット

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (15)

 

・コーナーをジグソーでカット

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (16)

 

・ベルトサンダーで目違いを直す

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (17)

 

・パテ埋め処理

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (18)

 

・トリマーで面取り

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (20)

 

・乾燥後サンダーで仕上げ

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (21)

 

以上の工程で仕上げとなります。

 

IMG_7967

 

 

 

 

■手順3 ベースと脚を取り付ける

接ぎ合わせが終わったら2階の子供部屋まで運びます。

ヒノキの天板なら問題ないですがさすがに純正の天板だと結構きつかったと思います。

さて今度は天板の裏面を上に向け置きベースを固定していきます。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (23)

 

サイズはノーマルと同様なので700×1400です。

外側から60mmと所に墨付けをし、そこにベースを合わせていきます。

 

下穴を開けビスで固定しますが節があったときは割れる可能性もあるのでしっかり下穴をあけるようにしましょう。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (24)

 

 

反りを止めるためにも外側の穴にビスを打ち付けます。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (25)

 

 

ベースを固定したら脚を差し込みます。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (26)

 

 

付属の6角レンチとボルトで固定します。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (28)

 

 

両方のボルトを交互にしていきます。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (29)

 

 

■手順4 リモコン・コントロールボックス・配線を固定

リモコンの位置を決め付属のビスで固定します。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (30)

 

 

場所は右隅にしましたが好きな位置に取り付けて下さい。

先に下穴を開けていおいたほうがズレずに固定できますよ。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (31)

 

 

 

コントロールボックスははじめ天板の奥に取り付けられていましたが説明書にはベースの中に入れられると明記してあったのでベースの部分に入れます。

コントロールボックスの向きは部屋のコンセントの場所に応じて決めると良いと思います。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (33)

 

 

コントロールボックスの位置が決まったらビスで固定します。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (34)

 

 

コネクターに端子を刺したら配線も束ねて金具で蓋をします。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (35)

 

 

ネジを締めたら取り付け完了です。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (37)

 

 

Sponsord Link

 

■手順5 運んで配置する

ここから起こしますがま~重たい。

一人で起こすと色々傷が付きそうなので嫁に手伝ってもらい起こします。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (39)

 

 

床には傷がつかないように毛布など敷いておいてくださいね。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (40)

 

 

 

運ぶときは天板部分ではなくベースの金具部分を持ったほうが良いと思います。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (41)

 

■手順6 試運転と設定

設置したらコンセントを刺し試運転します。

動きは上々で高級感が半端ありません。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (42)

 

 

任意の高さでメモリ(M)ボタンを押して1~3のいずれかの番号を押せば高さが記憶されます。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (43)

 

 

最大で126センチにもなります!

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (44)

 

 

パソコン作業などは立ってやると効率も上がるそうなので疲れたら立ってやるのも良いと思います。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (45)

 

 

Aボタンはアラーム設定です。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (47)

 

 

時間を分単位で設定し時間が立つとアラームが鳴ります。

FLEXISPOT電動式デスクの天板 (48)

 

 

長時間同じ姿勢での作業の防止にもなりますね。

DIYでは乾燥時間などの設定にもできるし、カップラーメンのタイマーにも使えそうですね。

 

 

●最後に

MVI_2970 エンディング.MP4_000059526

今回はFLEXISPOTの天板を自作してヒノキに作り変えてみました。

正直天板は軽くなり取り回しも楽になりました。

 

なんといっても自然の風合いが黒い足とマッチしています。

電動の昇降の感じもとても良い感じで高級感溢れます。

 

一生モノになると思うので大事に使いたいと思いますが天板はまた作れば良いですね。

ぜひ参考にしてみて下さい。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天