DIY騒音対策!マキタソフトインパクトTS141DとHiKOKIの静音インパクトを比べてみた

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (1)

DIYの悩みの一つに騒音問題があります。

中でもインパクトは打撃音がかなり大きく部屋の中で使うとかなり響きます。

そんなときはマキタにはソフトインパクト「TS141D」という製品があり、HiKOKIには静音インパクト「WHP18DBL」という製品があります。

 

これらは普通のインパクトと違って音がメチャクチャ静かになります。

かといって遅いとかパワーがないとかそんなことはありません。

 

実は以前HiKOKIの静音インパクト「WHP18DBL」の動画を配信したことがあります。

 

動画公開後は「マキタのソフトインパクトはどうですか?」といった質問や「マキタの18Vを持っていますがHiKOKIの静音インパクトを新たに買ったほうがいいですか?」といった質問もいただくようになりました。

 

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (5)

 

回答では「マキタのものも良いと思いますよ」という返事をしたのですが私も実際に使ったことがないので購入してみました。

今回はマキタのソフトインパクトを購入し実際にHiKOKIの静音インパクトと比べてみたいと思います。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (2)

●マキタのソフトインパクトとHiKOKIの静音インパクトを比較

まずは動画をご覧ください。

 

以前HiKOKIの静音インパクトを使った記事(動画あり)はこちらを見てくださいね。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (3)

 

■値段

まずは値段から。

Amazonを見てみるとマキタは25,000円程度、HiKOKIは30,000円程度(どちらも本体のみ)で販売されています。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (6)

 

 

今はコロナの影響でちょっと高騰しているかもしれませんので安いときを狙ってくださいね。

しかし値段の差はありマキタの方が安いです。

 

◆マキタ ソフトインパクト「TS141D」

Amazon

マキタ ソフトインパクトドライバTS141(18V)青 トルク40Nm バッテリ等別売 TS141DZ

新品価格

¥23,298から

(2020/6/8 15:22時点)

楽天

マキタ TS141DZ 充電式ソフトインパクトドライバ18V 【 本体のみ 】【  カラー  :  青   】【 セットばらし品・箱なし 】【 電動工具 】

価格:22,000円

(2020/6/8 15:41時点)

感想(0件)

Yahoo!

Yahoo!はこちらをクリック

 

 

 

◆HiKOKI静音インパクトWHP18DBL

Amazon

HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 14.4V 18V共用 コードレス静音インパクトドライバ 充電式 蓄電池、充電器別売り WHP18DBL(NN)(L)

新品価格

¥30,889から

(2020/6/8 16:06時点)



楽天

HiKOKI コードレス静音インパクトドライバ(本体のみ) WHP18DBL(NN) (WHP18DBL-NN) (蓄電池・充電器・ケース別売)

価格:30,770円

(2020/6/8 16:12時点)

感想(0件)

Yahoo!

Yahoo!はこちらをクリック

 

■スペック

詳しくは動画を見ていただければいいですが数値的にはほとんど差はありません。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (7)

 

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (8)

 

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (9)

 

■重さ・サイズ

重さを測ってみるとややHiKOKI静音インパクトのほうが重たいですね。

80g程度の差ですが、持ってわかるぐらいはあります。

 

本体のみの重量

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (10)

 

 

充電器を着けての重量。

マキタ→純正6.0Ah

HiKOKI→純正マルチボルト5.0Ah

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (11)

 

 

ただし着けるバッテリーによって変わるのでマキタの場合は2.0Ahのものを着けると更に扱いやすくなります。

 

 

大きさはわずかにマキタソフトインパクトが5mmほど短かったですがほとんど違いはないと言っていいと思います。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (12)

 

 

並べてもどちらも同じぐらい。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (13)

 

 

私が使っているマキタのフラッグシップ機のマキタTD171はさすがに小さいですね。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (14)

 

 

ただし135mmでも十分小さい方なんですけどね。

 

 

Sponsord Link

 

●実際に使った感想

今度は実際に使ってみた感想です。

個人的な意見も含まれるので「絶対こうだ」というものではありません。

 

■音量

動画では比較のためTD171(マキタフラッグシップインパクト)も使ってみましたがやはりかなりの音量の差が出ました。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (15)

 

 

数値でいくとTD171は89dBとうるさい丸ノコ並でしたがHiKOKIに関しては70dB、マキタは74.4dBだったのでかなり静かなのがわかります。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (16)

 

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (17)

 

 

数値からわかるようにマキタのほうが実際に使ってみても少しうるさいかな~と思います。

が僅かですよ。

 

圧倒的にTD171はうるさいです。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (22)

 

■スピード

スピードは使ってみたときはHiKOKIのほうが早いかなと思ったんですが実際に動画を合わせて確認してみるとほとんど差はないことがわかりました。

 

90mmのビスを使ってヒノキに打ち込んで見ました。

(節によって多少の違いはあります)

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (18)

 

■パワー

TD171と比べると若干遅くて非力感はありますが、とはいえインパクトとしては十分なパワーをマキタもHiKOKIも持っています。

 

カタログ値のN・mを見るとTD171が180、マキタソフトインパクトが40、HiKOKI静音インパクトが33となってます。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (7)

 

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (23)

 

 

これだけ見るとすごく弱い感じがしてしまいますがマキタソフトインパクトもHiKOKI静音インパクトも実際に使ってみるとパワー・スピード共に十分だと思います。

 

カタログ値の最大締め付けトルクほどの違いはなくそこまでの差はありません。

サブ機としてもメイン機としても使えますよ。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (24)

 

■感覚

コレは私が感じた微妙な感覚でしかありませんがマキタのソフトインパクトのほうが若干カムアウトしにくい感じがしました。

HiKOKIももともとカムアウトしにくい機種ではありますので大きな差ではないですけどね。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (19)

 

●最後に

正直甲乙つけがたいというのはこのことかもしれません。

マキタが好きならソフトインパクトでHiKOKIが好きなら静音インパクトぐらいでいいんじゃないですかね。

 

フラッグシップ機のTD171よりは若干パワースピード共に劣りはしますが、僅かな差だし、逆にそこまでのスピードはDIYモデルでは必要ありません。

 

ただまだ何も持ってなくて、騒音問題でどっちを買う?と言った場面では今後揃えたいバッテリー共有の電動工具によって考えてください。

ジョイントカッターや様々な工具が欲しければマキタ。

マキタ ソフトインパクト VS HiKOKI静音インパクト (25)

 

 

36Vやマルチボルトを生かしたパワー型の丸ノコが欲しければHiKOKIをチョイスするといいですね。

もし迷った場合はメール講座に登録して聞いてくださいね。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天