SK11スピンドルサンダー用の天板の作り方 作業効率大幅アップ

目安時間:約 12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (1)

●SK11のスピンドルサンダーの天板を作って作業効率アップ 自在錐やトリマー使った応用可能の加工

まずは動画をご覧ください。

●今回動画で使用した工具・アイテム

◆SK11 スピンドルサンダー 330W SWS-330SP
Screenshot_090921_111515_AM

  ▼購入はこちら▼



 

◆スターエム自在錐36

Screenshot_100620_104819_AM

  ▼購入はこちら▼



 

◆スターエム自在錐36X

Screenshot_100620_104728_AM

  ▼購入はこちら▼



 

◆E-Value トリマー 450W EWT-450N

Screenshot_071520_030532_PM

  ▼購入はこちら▼



 

◆リョービ(RYOBI) 集じん機 VC-1250

Screenshot_120320_025715_PM

  ▼購入はこちら▼



 

◆BIGMAN(ビッグマン) クランプ式カッティングガイド MJ-630

Screenshot_101921_095547_AM

 ▼購入はこちら▼



 

◆SK11 ベルトクリーナー 40×35×100mm VC-100

Screenshot_072221_103535_AM

  ▼購入はこちら▼



 

●スピンドルサンダーの天板の作り方

以前紹介したSK11スピンドルサンダーですが、スピンドルサンダーはドラム式のサンダーが回転しながら上下して削る画期的な工具です。
細かい作業にも使え穴の中心なんかもきれいに加工することができます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (2)

 


使い方や特徴は前回の動画や記事を見ていただければよいのですが、天板が丸くクランプなどもつかめないため作業効率が悪いんですよね。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (3)

 

ということで今回は着脱式の天板を作ってガイドなども簡単に取り付けられ作業台も広くして効率アップします。
まずはスピンドルサンダーのドラム部分の穴の形状を見ておきます。
外枠にはスペーサーが入りますが天板の溝の外径は101mm。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (9)

 

スペーサーの径は100mmなので約1mmの余裕があります。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (10)

 

スペーサーの厚みは3.2mmなのでトリマーで削って厚みを合わせます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (14)

 

ですが数値を測るより現物に当てて確認した方が良いので端材で試して厚みを合わせておきます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (15)

 

内側のドラムペーパーが通る穴は86mm。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (12)

 

ドラムサンダーが76mmなので10mmの余裕があります。
86mmより小さいと当たる可能性もあるので86~37mm程度目指します。

天板は18mmのランバーコア合板を使用します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (16)
軽いのが良いですね。
サイズは巾、奥行きともに500mmで直角が出るように対角線を測って同じにしておきます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (17)

 

穴の位置は中心よりややズラして穴を開けようと思います。
これは様々なサイズの加工に役立てるためです。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (18)

 

固定にはスピンドルサンダーの天板と同じ厚みの34mmの角材を用意しトンボタイプのフックを作ります。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (20)

2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (21)

 

重要なのは穴開けでスターエムの自在錐36Xを使って加工します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (25)

 

ここは最後トリマーで厚みを揃えるので、約2~3mm切り欠く程度で止めておきます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (22)

 

まずは木表側からスペーサーが入るように101mmで切り込みを入れます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (24)

 

板をひっくり返し反対から自在錐36を使って内側の86mmの穴を開けます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (28)

2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (29)

2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (31)

 

 

ドラムサンダーが通るのを確認します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (32)

 

スペーサーのハマる場所をトリマーで加工します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (33)

 

今回は16mmのストレートを使いましたが何でも良いです。
ガイドを使っても良いですが面倒なのでフリーハンドで加工します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (34)

 

残った部分はのみで削ってください。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (36)

 

スペーサーががハマればOKです。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (37)

 

深さも確認。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (38)

 

加工が終わったら天板をスピンドルサンダーの本体に乗せ穴の位置を合わせますがここが重要なのでピッタリを目指します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (41)

 

位置を決めたら動かないように下から鉛筆で型を取ります。
鉛筆は寝かせてください。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (42)

 

ひっくり返し馬の下から覗いて中心のズレを直しておきます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (44)

 

34mm厚の材を使って3箇所に配置します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (46)

 

木工用ボンドとビスで3箇所同様に固定します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (49)

 

最後の1個は押さえ気味で固定してややキツめに仕上げます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (51)

 

ひっくり返し上から確認して穴の位置があっていればOKです。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (53)

 

一応ドラムサンダーとスペーサーを入れて確認しておきましょう。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (54)

 

場所が良ければ上から皿を取ってビス止めします。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (55)

 

そうしたら天板を外し裏面を出しトンボフックを作ります。
余った小さな材で良いので3個用意します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (60)
今回使ったのは20×30×55mm程度ですが特に決まりはありません。
ビスが一緒に回らないようにトンボの中心にに4mmぐらいの穴を開けておきます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (61)

 

3.3mmのビスを使ってちょっとテンションをかけて固定します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (62)

2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (63)

 

手で回る強さを確認して調整してください。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (64)2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (65)

 

本体に取り付けてみますがバッチリです。

2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (68)

 

ただし天板を持ち上げるともろに本体の重みがフックに加わるので注意しましょう。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (70)
ドラムサンダーとスペーサーを取り付け回してどこも当たらなければ完成です。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (73)

 

 

 

Sponsord Link

 

●加工

では実際に加工してみますが作業面が広くめちゃくちゃやりやすいです。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (77)

 

集じんもしっかりしてくれ機能的にも問題ありません。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (76)

 

ちなみにRYOBIのVCシリーズのホースがピッタリ入ります。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (74)

 

ただ#60で加工したところコーナーはちょっと焦げつきますのでもう少し細かい番手のほうが良さそうです。

 

次は直進加工してみます。
直進の加工はビッグマンのカッティングガイドがレバー1本で固定できるのでおすすめです。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (80)

 

カッティングガイドを取り付けちょっとフリーで押したときにちょっと抵抗があるぐらいに設定しますがこのあたりはお好みですね。
回転方向に気をつけ材を入れ通します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (82)

 

材はゆっくり送りましょう。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (83)

 

天板がしっかりしているので高い精度で加工することができます。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (84)
材もまっすぐ仕上がります。
今度は38mmの#240を取り付け加工します。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (90)2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (92)

 

やはり仕上げはツルツルです。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (93)
R加工も問題ありません。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (94)

 

おが粉の目詰まりにはSK11のベルトクリーナーが必須なので一緒に用意しておきましょう。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (95)

 

作業が終わったら天板を外しますが、フックをひねるだけなので簡単です。2021 10 17 スピンドルサンダーの天板 (96)

 

作業効率は格段にアップするし、天板の加工しているだけでも結構楽しいので参考にしてみて下さい。

 

 

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天