トリマー(工具)は価格が安いの大丈夫?4,390円高儀TR-100と13,000円リョービTRE-40を比較!

目安時間:約 13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

どうもカミヤ木工のカミヤです。

4390円トリマー画像 (1)

今サポートをしている会員さんがいるのですが、その方はトリマー(電動工具)を持ってなく購入を考えています。

 

しかしカミヤがオススメしているRYOBI(リョービ)の「TRE-40」は13,000円程度するので使用頻度を考えるとちょっと高めです。

では安いトリマーで使えるものってないのでしょうか?

 

そこで安価な丸鋸やサンダーを紹介してきた経験として「高儀のEARTH MAN」シリーズが値段の割に作りも良いです。

 

今回の安いトリマーも高儀のEARTH MANの「TR-100」を使用してみて使えるのか検証してみたいと思います。

 

関連記事はこちら

リョービのトリマー新旧比較!TRE-40・TRE-60Vおすすめはどっち?

DIYで使うトリマーのおすすめは?リョービ・マキタ・ボッシュどれを買う?Amazon楽天最安通販!

丸ノコが危険で使えない!?ジグソーとトリマーで代用してみよう!

●トリマー(工具)は価格が安くても大丈夫? 4390円の高儀TR-100とRYOBIのTRE-40を比較!

まずは動画をご覧ください

●どうして高儀EARTH MAN「TR-100」なの?

トリマーは精度の必要な工具で私カミヤも以前5,000円程度の安物を買ってガタがひどくほとんど使えなかった記憶があります。

その経験からいろんなトリマーを試してRYOBIのTRE-40に落ち着きました。

 

でも値段は13000円。

新型のTRE-60Vやマキタ日立のトリマーは2万円程度します。

 

さすがにDIYレベルでそこまで出せないって人も多いでしょう。

 

今私がサポートしているNさんもトリマーを欲しがっているのですが使用頻度から考えて13,000円は出せません。

 

では安価な丸鋸やサンダーで結構使い易かった「高儀のEARTH MAN」を調べてみるとなんとAmazonで「4,390円」で販売されているじゃないですか!

安いので速攻ポチッと購入です。

Amazon

高儀 EARTH MAN 電動トリマ TR-100

新品価格

¥4,390から

(2018/11/18 06:24時点)

楽天

高儀 EARTH MAN 電動トリマ TR-100

価格:4,950円

(2018/11/18 06:25時点)

感想(1件)

■高儀EARTH MAN「TR-100」のスペック

では高儀EARTH MANの「TR-100」のスペックはどうでしょう

 

製造国:中国

刃先が見えるクリアベース

ソフトスタート:始動時の振れが少なく安全!

セット内容:電動トリマ本体×1、トリマガイド×1、ストレートガイド×1、テンプレートガイド×1、スパナ(大・小)×1、ストレートビット(6mm刃)×1、キャリーバッグ×1

電圧:100V、周波数:50/60Hz、電流:4.1A、消費電力:400W

無負荷回転数:30,000min-1

コレットチャック径:6mm専用

本体サイズ:約高さ167×幅90×奥行105mm(ガイドビット含まず。ホルダーベース深さ最大時)、質量:約1.25kg

コード長さ:約1.9m

定格時間:30分

 

■比較対象のRYOBI TRE-40のスペックは?

では次に比較対象であるRYOBIのTRE-40のスペックを見てみましょう。

メーカー: リョービ

● 型番: TRE-40

● 商品名: トリマ

● 切込深さ調整: ラック&ピニオン式

● 取付ビット軸径(mm): 6

● 回転数(min-1): 30000

● 電源(V): 単相100

● 電流(A): 3.9

● 消費電力(W): 370

● サイズ(mm): 幅90×奥行103×高さ211

● 質量(kg): 1.3

● コード(m): 2.5

● 付属品: 片口スパナ(17mm)、両口スパナ(9×10mm)、ストレートガイド一式、超硬ストレートビット(φ6)

● 機能: 二重絶縁構造、細握りグリップ、ソフトスタート

 

Amazon↓

リョービ(RYOBI) トリマ TRE-40 軸径6mm 628001A

新品価格

¥11,072から

(2016/10/29 21:39時点)

 

楽天↓

 

リョービ RYOBI トリマ TRE-40

価格:11,922円

(2018/7/30 04:27時点)

感想(3件)

 

値段はTRE-40が13,000円程度でTR100は4,390円と2.5倍~3倍ほどの違いがあります。

しかし回転数も30,000回転と同じだし、消費電力もさほど違いはありません。

 

両方ソフトスタートなので初動の振動や安全面でも問題ありません。

しかも高儀EARTH MANのTR-100のほうが付属品のバッグやテンプレートガイドも付属しているんです。

4390円トリマー画像 (6)

 

 

とても4,390円とは思えない豪華な装備ですね。

これで使ってみて差があまりなければよいのですが・・・

 

 

Sponsord Link

 

●実際に使ってみると

高儀EARTH MANのTR-100を使ってみますがまずは付属の6ミリのビットを装着します。

4390円トリマー画像 (10)

4390円トリマー画像 (11)

 

 

取り付けはごく普通にスパナを2本使いますが、握るようにすると簡単に開け締めできますよ。

(必ず電源プラグは抜いて作業してください)

4390円トリマー画像 (20)

 

 

この点はRYOBIのTRE-40と同じですね。

さて実際に加工をしてみると・・・

んー、切れが悪い。

4390円トリマー画像 (16)

 

 

さすが付属のビットですね。

このへんは想定内でしたので、今度はRYOBIのTRE-40で使っている「ダウンカットのスパイラルビット」を使用してみます。

さすが高いビットは違いますね。

4390円トリマー画像 (19)

 

 

動画で説明しているときはこのスパイラルビット(あとで説明します)の値段を把握していなかったのですが、なんと4500円します。

高儀EARTH MANのTR-100より高いですね。(笑

でも切れの良い刃は加工も楽です!

4390円トリマー画像 (21)

 

 

スムーズさは若干TRE-40のほうがモーターの回転も安定していてパワフル感もありますが、比較すればわかるという程度だと思います。

もちろん経年劣化で差は出てくるかと思いますが、とりあえずトリマーが欲しいという方にはオススメしちゃいますね。

 

加工面を見ても直進性にも問題ないです。

4390円トリマー画像 (22)

 

 

■スパイラルビットって?

スパイラルはストレートとは違い段々に加工面に当たるため刃のダメージも少なく音も静かで切れが良くなめらかに仕上がります。

 

先端にも刃がついているのでプランジ刃のようにも使えます。

 

アップカットは切り屑をトリマー側に排出するので溝加工に適していますが材に吸い付きにくいデメリットがあります。

ダウンカットは切り屑を下に排出するので作業台(馬など)に押さえつける力が働きますが溝加工には切り屑が排出されないデメリットがあります。

スパイラルビットについてはまた動画を撮って解説したいと思いますが手持ちならとりあえずダウンカットで良いでしょう。

逆にトリマーテーブルだったらアップカットですね。

 

アップカットはこちら

 

ダウンカットはこちら

 

 

Sponsord Link

 

●音量はどう?

高儀EARTH MANのTR-100を何もつけずに測ってみると「74.9db」でした。

徐々に回転数が上がっていくのでモーターの質はそれほど良くないように感じます。

4390円トリマー画像 (13)

 

次にRYOBIのTRE-40は「78.1db」と少し大きかったです。

ただモーターもメリハリがあり質の良さを感じることができます。

 

4390円トリマー画像 (15)

 

 

まあトリマーの場合は加工音が大きいので本谷の音量の差は余り関係ないかなと思います。

ここも刃の切れによって音量も変わってくるのでやはり切れの良い歯が必要になりますね。

 

●集塵プレートがあれば・・・

値段の割にできの良い高儀EARTH MANのTR-100ですが、集塵機が取り付けられるプレートがあると更に良いのですが、探してみましたがどうも専用のものは無いようなんです。

 

でも私の持っているRYOBIのTRE40のものを取り付けてみたところなんと無加工で取り付けることができました。

 

 

 

Amazon↓

リョービ(RYOBI) 集じんプレート組立 トリマ用 6082609

新品価格

¥525から

(2016/11/14 06:45時点)

 

楽天↓

集じんプレート組立 6082609 リョービ(RYOBI)

価格:432円

(2016/11/14 22:25時点)

感想(1件)

 

これは明らかに高儀がRYOBIをリスペクトしているということですね!

いやこういったパクリはほんとにありがたいです。

 

 

●最後に

高儀EARTH MANのTR-100を使ってみましたが、ちょっとした加工には十分使えるので「頻度も少ないしどうしよう」って思っている人には十分オススメできますね。

4390円トリマー画像 (23)

4390円トリマー画像 (24)

 

 

ガッツリ使う人でも初めに買っておいて慣れてきたり物足りなくなったら2台目として使い、特定のビットをつけっぱなしにしておけば、利用価値は高いです。

 

でもトリマーって結局ビットに左右されますので、頻度の高いビットだけは高いものを買っておいたほうが良いですね。

今回のスパイラルはTR-100より高たったですけど(笑

 

安価なセットもののビットは「こんな形に削れるんだ~」ぐらいに思っておいたほうが良いと思います。

 

関連記事はこちら

リョービのトリマー新旧比較!TRE-40・TRE-60Vおすすめはどっち?

DIYで使うトリマーのおすすめは?リョービ・マキタ・ボッシュどれを買う?Amazon楽天最安通販!

丸ノコが危険で使えない!?ジグソーとトリマーで代用してみよう!

 

高儀の製品が気になったら?

こちらも見てくださいね。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天