HiKOKIの10.8Vプロ用上位機種インパクトドライバーWH12DDとDIYモデルFWH12DALを比較した結果

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

HiKOKIの10.8Vプロ用上位機種インパクトドライバーWH12DDとDIYモデルを比較してみました。

買おうか迷っていた人は参考にしてみてください。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (1)

●動画タイトル

まずは動画をご覧ください。

 

●今回使った工具・アイテム

WH12DD(2ES) (プロ用モデル上位機種インパクトドライバー1.5Ah)

Screenshot_080520_020812_PM

  ▼購入はこちら▼

 

 

 

 

FWH12DAL(DIYモデル・プロ用WH12DAと中身同じ)

Screenshot_072220_101245_AM

  ▼購入はこちら▼

 

 

 

 

 

DB12DD(NN)(プロ用モデル上位機種ドリルドライバー本体のみ)

Screenshot_080520_024635_PM

  ▼購入はこちら▼

 

 

 

 

 

※型番のうしろの(2ES)は1.5Ahの蓄電池2個と充電器とケースのセットです。

(2LS)は上位機種のみの設定で4.0Ahの蓄電池が2個と充電器とケースのセットです。

(NN)は本体のみのなります。

●WH12DDのスペック

今回の主役は「WH12DD」でこれはHiKOKIの10.8Vのプロ用モデル(緑色)のインパクトドライバーの上位機種になります。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (2)

 

 

上位機種は作りが違うのでどう違うのか見ていきましょう。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (11)

 

 

「WH12DD」はパワーモードの切り替えがあります。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (22)

 

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (23)

 

 

テクスモードは初速がなだらかなので慣れてない人は使ってみてください。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (24)

 

 

最大トルクが135N・mとDIYモデルの110N・mよりかなり協力です。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (20)

 

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (21)

 

 

ブラシレス(プロ用モデル上位機種)なので頭も小さいです。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (17)

 

 

18Vの最上位モデルが127mmなのでいかに小さいかわかりますね。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (18)

 

 

回転数はWH12DDが毎分3200回転に対しDIYモデルは毎分2700回転です。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (29)

 

 

重量はここまで色々ついてもモーターが軽量なのでほとんど変わりません。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (28)

 

 

●プロ用モデルの型番について

HiKOKIには他にも上位機種がありますが正直HiKOKIの10.8Vはグレードがたくさんあって何がなんだかわからなくなります。

以前の動画でもプロ用モデルの下位機種の「WH12DA」とDIYモデルの「FWH12DAL」の中身が同じという内容で公開しました。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (3)

 

これはHiKOKIの社員さんからも確認を取ったので間違いはありません。

 

ただしこれは例外でその他のDIYモデルとプロ用は明らかに違うので注意してください。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (4)

 

 

そんな動画を撮っていたときもプロ用モデルのラインナップの型番がややこしかったですので簡単に説明します。

プロ用モデルでも上位と下位機種が存在しますが簡単に見分ける方法があります。

 

プロ用モデルの型番の末尾に「D」がつくと上位機種「A」がつくと下位機種になります。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (14)

 

 

そしてその下位機種はDIYモデルと中身がまったく同じになりますので色が気に入らないとかの理由以外はDIYモデルを買ったほうが安く購入できます。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (15)

 

 

ただし末尾がDだと作りも良くなるので恩恵も大きいです。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (16)

 

Sponsord Link

 

●使った感想

動画では下穴錐と75mmのコーススレッド、30mmのドリルビットでプロ用モデル「WH12DD」とDIYモデル「FWH12DAL」を比べてみました。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (32)

 

 

下穴錐ではほとんど差はありませんでしたがコーススレッドを打つとWH12DDの方がやや速いかなと言ったところです。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (39)

 

抜くのは歴然にWH12DDのほうが早かったです。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (41)

 

 

差が大きくわかるのは30mmの穴開けですがDIYモデルでは後半パワーがダレてきますがWH12DDでは最後まで同じスピードで開けていきます。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (46)

 

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (47)

 

 

使ってみて感じたフィーリングですがDIYモデルのモーターは一生懸命回っている感がしますがWH12DDは余裕のドライブでパワーが余っている感じです。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (43)

 

 

WH12DDだとモーターに掛かる負担も耐久力も違うと想像できるので長持ちさせるならWH12DDがいいですね。

正直10.8Vで30mmの穴を開けられる事自体凄いですが、DIYモデルでも十分なパワーがあるということです。

 

なのでたまに大きな負担がかかるかもしれないならDIYモデルで十分だし、頻繁に負荷の高い使い方をするならWH12DDがおすすめですね。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (49)

 

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (49)

 

 

番外編としてコードレスドライバードリルの「DB12DD」もやってみましたが30ミリの穴をあけるにはこれで速さをLowにして回せばWH12DDよりも早かったです。

さすがにドリルだけあって穴あけは得意ですね。

HiKOKI10-8Vプロ用最上位WH12DD比較 (51)

 

 

ただしインパクト効果はないので注意してください。

これは1個サブで持っておくと良いと思います。

 

HiKOKIの10.8Vは今後なにか色々出てきそうなので期待したいところです。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天