安価なオービタルサンダーを比較!おすすめはどれ?③RYOBI(リョービ)MS-30A

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

Sponsord Link

g7741

 

g4846

どうもカミヤ木工のカミヤです。

 

今回もDIY初心者用の安価なオービタルサンダーの3回目ということで「リョービMS-30」をレビューしてみます。

 

というのも、私はメール講座を開いていて3000人以上の会員さんがいるのですが、

「サンダーを購入したいのですがマキタや日立のものは高すぎます」

「安くておすすめのサンダーはなんですか?」

という声をよく頂くんです。

 

ということで、私の使っているマキタの「M926」(1万円程度)のものと比較し、お値段以上の働きをするオービタルサンダーを探してみたいと思います。

 

1回目の「新興製作所のSDS-200D」、2回目の「高儀アースマンSD-100sc」もぜひ見てくださいね。

数回に分けて色んな安価なオービタルサンダーを紹介します。

●安価なオービタルサンダーを比較!③RYOBI(リョービ)MS-30

まずは動画をご覧ください。

●③RYOBI(リョービ)MS-30感想

RYOBIというとマキタや日立と比べると多少ブランド力が弱いですよね。

でも電動工具はというと「安い割にしっかりしている」といった印象があり、RYOBIにしかない電動工具もあったりして私は好きなんです。

 

トリマーは5台ほどありますがすべてRYOBIだし、ベルトサンダーも手押しカンナもRYOBIを愛用しております。

 

関連記事

DIYで使うトリマーのおすすめは?リョービ・マキタ・ボッシュどれを買う?Amazon楽天最安通販!

DIYでベルトサンダーのおすすめはリョービのBE3210!ベルト交換や番手、目詰まりクリーナー!DIY初級編6

手押しカンナのおすすめはリョービの手押しカンナ盤HL-6A!使い方も調整も簡単!DIY上級編3

 

ただ今回紹介するRYOBIのオービタルサンダーMS-30はちょっと違います。

このサンダー「Myシリーズ」というDIY向けの安価な廉価版なんです。

MS-30画像

 

MSという型番はマイシリーズの略でしょう。(モビルスーツではありません)

 

 

実際に開けてみるとギミックが少ないというかツルッとしていてとてもシンプルです。

グリップラバーもないし、集塵ボックスや袋もありません。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000055855

 

 

クリップも定番のタイプですが、ここはRYOBIといったところか、それほど貧弱感はありません。

でも、やはり付けにくいです。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000082782

 

 

コードは2mあるので作業には問題ありません。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000062729

 

付属のペーパーは1枚とちょっと少ない感じです。

 

 

重量は1.3kgなのでマキタよりちょっと軽いですね。

力のない人でも扱いやすそうです。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000094861

 

 

とりあえず電源コードを入れ回してみると音量は75.9dbとちょっと大きいですね。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000134735

 

 

「新興」「高儀」同様ほわ~っと回転が上がりますが比較的モーターの質は良さそうです。

もちろんマキタと比べたらピーキーさはないですが。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000121088

 

 

実際に使ってみた印象は、バタつかず扱いやすい。

重量も1.3kgなので軽くて使いやすいです。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000195529

 

ホールド式のスイッチは一度押せば回りっぱなしになります。

これが意外と使いやすかったりします。

マキタはスイッチを入れながらホールドスイッチを押すのですが、片手でできないのでちょっとやりにくいんですね。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000247347

 

全体の作りはさすがRYOBIですね。

ただ色々付属がない割に5000円オーバーというとちょっと割高に感じます。

安価なサンダー③リョービMS-30 .mp4_000405105

 

スペック的には問題ないですが、前回の「高儀」と思うとちょっとオススメ感は低いですね。

安価なオービタルサンダーを比較!おすすめはどれ?②高儀アースマンSD-100sc

 

●RYOBI MS-30

■RYOBI MS-30スペック表

パット寸法:91×185mm
ペーパー寸法:93×228mm
回転数:11,000min
電源:単相100V
電流:2.3A
消費電力:190W
質量:1.3kg
コード:2m
サイズ:長さ243×幅93×高さ154mm
付属品:木工用ペーパー(#100×1枚)

 

■RYOBIのオービタルサンダーMS-30説明書

説明書がみたいときはコチラをクリックしてください

  ↓

■説明書はコチラをクリック

 

■RYOBI MS-30販売サイト

Amazon

リョービ(RYOBI) サンダ MS-30A 93×228mm 636427A

新品価格
¥4,808から
(2018/8/19 06:18時点)

楽天

【リョービ】電気サンダー MS-30 MS-30A 塗装面の研削、研磨に

価格:4,715円
(2018/8/19 06:19時点)
感想(1件)

 

Sponsord Link

 

●カミヤの使うマキタ「M926」って

スクリーンショット_080518_050516_PM

私が使っているマキタ「M926」は10年以上前に1万円程度で購入したものです。

と入ってもいわゆるプロ用というわけではなく、DIYモデルとして販売されていたものですが、オービタルサンダーで1万円って結構高価な方なんです。

 

でもその当時、私もオービタルサンダーは安いもので上等と考えていて、というかお金が無かっただけですが、安価なものを使っていました。

しかし、3~4000円程度のものはすぐ壊れたので、ホームセンターで1番高価だったマキタ「M926」を購入したわけです。

 

当時は安価な電動工具は本当に粗悪でプラ部分がよく壊れていました。

もうこの型は売っていないですが、現行の同レベルのものはこちらになります。

 

■マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710

Amazon

マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710

新品価格
¥8,856から
(2018/8/5 17:07時点)

楽天

マキタ 仕上げサンダ BO3710

価格:8,710円
(2018/8/5 17:08時点)
感想(0件)

 

●使用にはポリネットシートがおすすめ

オービタルサンダーには付属のペーパーがありますが、こういったペーパーは大抵傷ができてその傷を取ることができなくなります。

なので布製のペーパーは使わずポリネットシートをおすすめします。

ちょっと高価ですが、両面使えて破れにくく、劣化も少ないですよ。

プレーナーのかかった材なら240番で1発仕上げでOKです。

 

こちらのAmazonの販売サイトは3,000円以上買うと送料無料になるのでまとめ買いしておくと良いですよ。

Amazon

ポリネットシート #240 粒度:#240

新品価格
¥248から
(2018/8/5 17:11時点)

楽天

KOYO KOYO ポリネットシート 240 4962356560316

価格:242円
(2018/8/5 17:16時点)
感想(0件)

●まとめ

すごく良いわけではないがハズレは少ないRYOBIなので、そこそこまとめてきます。

 

■良い点
・スイッチがホールドしやすい
・安価な中でもモーターは良さそう
・扱いやすく安定している

 

■悪い点
・集塵ボックスがない
・グリップラバーがない
・ペーパー止めクリップが付けにくい
・クリップは他と同等だが貧弱感はない
・装備の割に値段が高め

 

ただちょっと割高感があるのでオススメはできませんが、RYOBIは集塵機なども売っているのでホースなどのアタッチメントがあればしっかり吸うことができます。

RYOBIの集塵機を持っている方は買ってもよいのかもしれませんね。

Sponsord Link

 

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

記事があなたのお役にたったらポチっ応援して頂けると励みになります!

  

↓↓↓クリックをお願いします↓↓↓

ランキング 人気ブログランキング

g12344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
保存版

DIY家具教室カミヤ先生

 

「木こり・製材・家具職人」木材を1から知り尽くしたカミヤが20年以上培ったDIY木工スキルのすべてを大公開!

国産の木材(杉・ヒノキ)の良さを活かした家具を作りながらDIY初心者に家具作りの楽しさをブログや動画やメール講座で教えています。

DIYで素人っぽさの抜けない人はぜひメール講座に登録してみてくださいね。

 

詳しいプロフィールはコチラ

人気記事TOP10
最近の投稿
カテゴリー
最近の投稿
楽天